読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切なものは目には見えない

茶の間から、ありったけの愛をこめて。

この先ずっと 照れくさくて 変わらずもっと 信じたくて


久しぶりの更新です。

舞台の感想とか書きたいけど、
文章打つのめんどくさいよ 〜〜(クズ)



今日は母親の付き添いで嵐のドームツアー
『Are You Happy?』に参加してきました。


実は若手俳優以前に、小4から今まで、紆余曲折がありながら、ずっと嵐を見て、聞いてきました。
私のオタクの根源です。


好きになったのは 小学4年生の時。

元々 まごまご嵐とか見てたので、嵐というグループの存在はなんとなく、子供ながらに知っていました。

ちょうどその頃に仲がよかったお友達が、山田涼介くんが好きで、めちゃくちゃジャニーズの話を語られた後に、「〇〇(私)は誰が好きなの?」って言われて、その時に「嵐の二宮くんかな(知ってる人挙げただけ)」って答えました。


人間って不思議ですよね、一度口に出してしまうと、彼が気になって仕方がない。そんなこんなをしているうちに、私は「二宮の人」となって、嵐にのめり込むのでした…。


ここで、とってもびっくりする話なのですが、オカンは松本さんが金田一少年のドラマをやっている頃からすごく彼を気になっていたらしく、私は知らない間に テレビを見る、CDを聴かせる、 あらゆる手で 洗脳されていたっぽいです。オカン、あんたすげーよ…



小学生の時に嵐を好きになってから、早8年?経ってて、私が大人になるにつれて、向こうも年をとっていくわけで、どんどん執着も薄れていきました。

コンサートも、ウォークマンなんて持っていません。だから、プレーヤーで、壊れるまで嵐を聴いていました。

しかし、その好きな曲もコンサートでは、新規の曲に塗り替えられる訳です。アルバムを引っ提げてのツアーなので、仕方が無いことですが。


2013年のアラフェスでシングル1位が『Endless Game』になって、ほぼ10位までがリリース比較的新しいもので、なんかもう「あ〜あ、時代が変わっちゃったんだな」って私の中でなってしまって。

その途端、ずっと過去に閉じこもりたくなって、本当に急に冷めて、それまでちゃんと聴いてたものを聴かない、番組をちゃんと見ない、までになってしまいました。


こないだアリーナJaponismツアーに行った時も、どこか遠くに行ってしまった皆さんがいて。

そりゃ新規のファンも増えるなぁってなってたから。別に新規のファンが増えるのは私は嫌じゃないし、むしろ好ましいことだと思います。

なんか自分と嵐の距離感が掴めなくなりました。
本格的に冷めたんだと思います。

せっかくこのJaponismツアーの席が、ムービングステージ近くで、肉眼で顔も見れるのに、周りとは裏腹、叫びもせずにニコニコしてたのは本当にこれは冷めすぎてて自分でもびっくりしました(笑)

なんか、とっても切ない気分でニコニコ笑っていたのだと思います。


でも、今回のツアーで 懐かしいシングル曲ばかり聴けたので、復活までとは行かないけれど、また歩み寄れるようになりました。

いい意味で変わったことを受け入れられたかも!

昔 宿題くんの司会がグダグダだった相葉くんは、本人は不安だって言ってたけれど、今は「やらなきゃ後悔する」ってきちんとコメントして、紅白の司会ですし、二宮さんは私が冷めていた間に後輩を家に呼ぶほど親しくなってたり(昔は絶対そんなことしてなかった)、皆の変化をなんか自分でちゃんと折り合いがつけられた気がします。

懐かしいシングル曲ばかり聴いてたら、なんか本当に切なくなって一人でちょっと泣いちゃいました。


昔みたいにがっつり追いかけることはもうしないけれど、オカンが松本さんを好きでいる限り、私と嵐は本当に切っても切れない関係になると思います。

これからもゆる〜く応援していこうと思いました。これからも頑張ってください。私も頑張ります。

特に二宮さん相葉さん大野さんは週刊誌にお気をつけて…。

昨日、帰ってきて 風呂で考えたことを、Twitterでぼそぼそ呟きました。それの加筆修正バージョンです。


誰かに聞いて欲しかったので、ブログに書かせてもらいました。



ちなみに、私は 『君だけを想ってる』、『チェックのマフラー』、『夏の名前』、『Blue』、『ROMANCE』、『ONLY LOVE』、『素晴らしき世界』 が好きです。 ほぼ10年前の曲やないかい…。



終わりです。

タイトルは『Dear my friend』のフレーズです。