読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切なものは目には見えない

茶の間から、ありったけの愛をこめて。

まるで陽だまりのようだった


wikipedia:(有)チェリーベル



松来さんが亡くなった知らせを聞いてから5日。
早かったのか、短かったのか自分でもわからなくて。

知らせを聞いた日は、帰りの電車の中で力が抜けて、嘘なんじゃないかと思って81のホームページを何度も見直して。涙が止まらなくて。

友人と遊ぶ約束をしてたので、頑張って涙を止めて、堪えてすっごい作り笑顔して笑ったなぁ。Mちゃん、本当にごめんね。

SNSから次々と声優仲間から発信される言葉が『現実』なのかどうかもわからず、受け入れられなかった。

けれど友人と別れた帰り道にもう一度、発信された言葉たちを読み直した途端に堪えていたものが全部溢れて、声を上げて泣きました。



チェリーベルに出会ったのが1年くらい前?でそこから"松来未祐"という女性声優に出会って。

櫻井さん、鈴村さんと松来さん。
音声だけでもすごく仲がいいことが伝わってきて、なおかつギャグセンスの高い3人が面白くて、一瞬でファンになりました。

過去回も何度も何度もニコ動で視聴したり、残業手当シリーズでたくさん笑わせてもらったり。

トンプソンやターメリック坊やはすごく嫌だ嫌だと言っている割にはすごく濃いキャラで、私は大好きです。

残業手当シリーズではたくさんのむちゃブリに答えていて、泣き出したこともありましたね。

『あなたのハートにはきゅんどきゅん!』は最高の中毒ソングで、定期的に聴かないと何かおかしくなるくらいです。

私はどうしてもチェリべが聞きたくて、打ち上げを急いで切り上げて帰ってきた思い出もあったりします。

チェリべ経由で知った『玉ニュータウン』でもたくさん笑わせてもらいました。

だいたいここでもむちゃブリで歌を歌わされてましたね。『ASEMO』という歌、最高でした。


そして療養を宣言した時、かなりさみしかったことを覚えています。

チェリべの本放送をしていても松来さんが足りなくなって、何回も何回もニコ動の過去回を聴いて。

たまに本編に送ってくれるお茶目で可愛いメッセージが何よりも嬉しかったです。戻ってきてくれるってずっとずっと思ってました。


そして発表された日からずっとたくさんの過去回のチェリべを聴いていました。

元気に笑う松来さんの声を聴いているとどうしても亡くなった実感が沸かなくって。本当は今もどこかで笑っているんじゃないかって。悪い夢だったんじゃないかって。

だから、昨日の放送前は震えが止まらなかった。
現実を受け止めるのが相当怖かったんだと思います。

始まった途端、涙が止まらなくてやっと現実を受け止めることが出来ました。

メッセージを淡々と読む櫻井さん、たくさんの思い出を語ってくれた鈴村さん。二人とも一切動揺した感じを出さずに話してくれていて。それがとても痛々しくて、私はずっと泣いていました。

中盤で流された松来さんの曲、『home』。
松来さんの優しい声がすごく心に響いて、さらに涙が止まらなくて。

続けてチェリべの3人で歌っている『10周年だよ全員集合!』が流れて、今までのチェリべの放送を思い出して、少しだけ心が軽くなったような気がしました。

そして最後に鈴村さんと櫻井さんからの終了宣言。

たくさん悩んだんだと思います。松来さんが「戻る場所として続けて欲しい」と言ったチェリべ。でも"三人じゃなきゃ、チェリべじゃない"。

これから続けていても辛かっただろうし、だからといって終了するのもかなり勇気のいる決断だったんだと思います。

たくさんの笑いを届けてくれて、有難うございました。Twitterで多くの方がつぶやいていたり、鈴村さんも言っていましたが、『チェリーベルは青春』です。聴いている年数は少ないけれど、私の中でたくさんの影響を与えてくれた番組でした。

鈴村さん、櫻井さん。本当にお疲れ様でした。
可愛くてお茶目な妹みたいな存在を失ったこと、とても辛いと思います。

たくさんの思い出を胸に、さらに松来さんの分まで声優業を頑張ってください。私もどれだけ力になれるかわかりませんが、2人の活動を少しでも応援していきたいと思います。


そして松来さん。

松来さんのお茶目で可愛らしくて心優しいところ、本当に大好きでした。一目でもいいから、イベントでお会いしたかった。

たくさんの声優仲間から愛されて、そして鈴村さんと櫻井さんとラジオの仕事をしてくださっていて、本当に本当に有難うございます。


松来さんが亡くなってから、チェリべが終了して。

私の心の中はすごく寂しいです。悲しいです。
立ち直るには相当な時間がかかるのかも知れません。

だけど、こんな素敵な女性がいたことを忘れずに前を向いていきたいと思います。

今度、広島に行きますね。必ず。


松来さん、有難うございます。お疲れ様でした。大好きです。

どうか、安らかにお眠り下さい。



_